銀座3丁目にある宝珠稲荷神社

木挽町通りの静かな街中にあります。

江戸幕府が開かれて間もない1615年

家内安全火除けの神として深溝藩主板倉重昌の江戸屋敷内に祭られたという

歴史のある神社です。

お供え物が絶えることなくお参りをする人が頻繁にみられます。

神社の脇の枇杷の木に実が沢山なっていました。

びわの甘い香りに誘われて鳥が集まってきそうです。