八月公演を控えた歌舞伎座周辺

公演中の賑わいはないものの人通りの絶えない歌舞伎座前。

なかなか読み方が難しい演目が多いのですが、今回も興味深いものがありました。

第2部で上演される東海道中膝栗毛『歌舞伎座捕物帖』

一般の方からの読み仮名案を参考にして

「こびきちょうなぞときばなし」という読み仮名に決まったそうです。

木挽町(こびきちょう)は歌舞伎座周辺の旧町名ですが、

歴史を感じる情緒豊かで粋な読み仮名ですね。

 

着々と準備が進んでいます

舞台で使う大道具が搬入されていました。

一つの公演に、予想以上に多くのスタッフさんが携わっています。

9日の初日が待ち遠しい歌舞伎座です。

公演は27日まで。