銀座の通りは碁盤の目状


約400年前の江戸時代と今をつなぐ銀座の通り

江戸初期に徳川家康が行った五街道の整備に伴い、銀座の街を区画整理しました。それが、銀座の基本的な街の形として現在も残っています。

銀座通り

銀座通り(銀座中央通)は、日本橋を起点とする東海道の一部にあたります。

銀座通りを中心に碁盤の目状に作られた通りは数多くあり、人々から親しみを込めて愛称で呼ばれています。

並木通り
ガス灯通り
すずらん通り